ちはやふる中学生編11首感想ーーー詩暢と美稀

BE・LOVE 2018年12号掲載


中学生編第三部は詩暢のお話。中学二年生になった詩暢はカルタだけを愛し、友人が一人もいなかった。そんな折、転入生の美稀が彼女のクラスにやってくる。


笹原美稀



「笹原美稀」と紹介されたその女の子は、マスカラにリップグロス、短いスカート丈に気の強いギャル語と、詩暢とは正反対のタイプであった。


miki11.jpg


しかし見かけによらず彼女の目指すのは「弓道で日本一」。どこまで本気かは分からないが、好きなものにはとことん努力し、「今」を一生懸命に楽しんでいるようである。人一倍お洒落するのもそのためだろう。他の誰にも理解されない「カルタで日本一」という詩暢の言葉をキラキラした目で尊敬し偏見なく受け入れられたのは、彼女の何でもいいから楽しみたいという純粋で素直な気持ちがあるからこそであった。

通常の3割サイズのミニチュアカルタを見返りなく詩暢に手渡せたのも、美稀に人を見抜く目があったからに他ならない。この札は手のひらで払うと3、4枚も一緒に払われてしまうため、札の角を丁寧に抑える必要がある。「指先と一本の糸で繋がっている」という詩暢のスタイルはここから生まれるのだが、頑張っている人を精一杯応援したいという美稀の優しい気持ちが、詩暢の技術向上に一役買ったともいえる。


明星会



さて5月5日こどもの日、詩暢は祖母に頼まれ京都市主催の「百人一首に親しむ会」の指導と模範演技に参加する。
同じ指導者として明星会からも数名参加していたのだが、その3人はかつて詩暢とともに在籍していた2、3歳年上の明星会メンバーであった。


明星会でのいじめ



詩暢の明星会での思い出は決していいものではなかった。本気を出せば相手から恨まれ、相手に遠慮をすると悔しがられる。親しむ会に参加した明星会メンバーももちろん例外ではなかった。

当時の彼女たちのイジメは陰でこそこそと陰湿そのもの。「偉そうに」「強がりや」「友達えん」と彼女たちに無視され陰口を叩かれるまではまだ耐えていたものの、一番堪えたのは新と試合した後に投げかけられた冷たい一言である。

「格下に負けた気持ちがわかったやろ。これで私らと同じやね」

「同じ」という言葉に詩暢は強く反応する。負けて言い訳したり、カルタを裏切ったり、そういう人は絶対に許せないし自分とは違う。これは決して曲げられない自分のプライドだ。この心無い嫌味は明星会を辞めるきっかけとなった言葉でもあった。

詩暢が明星会に復帰するまでにはここからさらに4年の年月を必要とするけれども、これらの事情やこんなメンバーたちと顔を合わすことなどを考えると二の足を踏んでいたのも無理ありません。あの時本当によく頑張ったなあと思います。



「一枚くらい」



そして模範試合にて、明星会メンバーA子はさらに詩暢に追い打ちをかける。

「何なら最初わたしに取らせてや。一枚くらいいいでしょ」

かつて詩暢も利き手を怪我した選手に対し、「私も右手で取りましょか」と持ち掛けたことがある。また最近では詩暢が唯一認めている男の子も「5枚くらい眼鏡なしでどうや」と天然発言をした。しかしこの二人の発言は、できうる限りフェアプレイ精神で戦いたい、正々堂々と真向勝負をしたいと望んだ気持ちからによる。(まあ言われた方からすると、どちらも腹立たしい言葉には違いないけれど。)

しかしA子はこれとは異なる。どうせ詩暢にはかないっこない、それなら少しくらいいい思いをさせてもらいたい、真剣勝負なんてさらさらする気がないといったA子の発言は、詩暢にとって侮辱以外の何物でもなかった。模範試合にも拘わらず圧倒的な強さでもって対戦相手を凌駕する詩暢であったが、相手はその本気の力に感謝するわけもない。「どうせ未来のクイーン様」と言い放つだけで、自分の態度を決して改めようとはしなかったのである。


クイーン



うち クイーン目指す気は あらへんから

人を傷つけるのは嫌。自分が傷つけられるのはもっと嫌。カルタの女神に愛された少女は、人の世の恨み、妬み、誹り、嫉妬といった煩わしい人間関係に心底うんざりし、カルタの世界に引き篭もってしまった。カルタを愛するしかないその世界は平穏で心休まる幸せな場所ではあるが、周りに誰もいない孤独な空間でもある。

詩暢がカルタ界の絶対的な女王になるためには自分で心のドアノブに手を掛けるしかないのだが、そのカギとなるのは「ありのままの強い詩暢を受け入れ愛することができる」美稀の存在だけなのであった。

中学生編10首感想にて「次は千早の話ですね~」なんて言ってましたが、原作3巻は詩暢ちゃんの話でしたね。すっかり勘違いしていて失礼しましたテヘペロ。6月10日はあわらにて「女流選手権」が開催されます。今年こそ現地で見ようと思ったのに、またもや子供の用事で行くことができず、泣く泣くニコ生タイムシフトで観戦予定。せっかくの一大イベントなのに残念です…