ちはやふる202首感想(2)---勝者・攻

BE・LOVE 2018年15号掲載


東西挑戦者決定戦、名人戦予選二回戦の結果が決まる。
〈太一視点より〉


攻めがるた



終盤で残っていた札は新が一枚、太一が三枚。差は広がることなく二枚。「ぶっ潰す」と敵意をむき出した新に怯えながらも、逃げることなく持てる力のすべてを出し切って太一は戦った。時折大技が決まった時に見せる新の冷ややかな笑みは、首筋が粟立つような戦慄を覚えるが、同時に上の者から見下されるような腹立たしさもある。こんな表情をされて負けるわけにはいかない。太一は勝ちに執着して心乱されることのないよう、ミスに気を付けて冷静沈着に細心の注意を払い、元来の負けず嫌いな性分と上手く折り合いながらカルタを取り続けた。

運がよかったのは新が「ちは」を最後まで自陣から離さなかったことである。太一が守りカルタを徹底していたのもあるが、恐らく何枚かはあったであろう送り札の際にも新はその札を使わなかった。この試合を通して、太一は新が異常にちはを気にかけているのに気が付いている。札に仕掛けをするたびに彼の表情は険しくなり、若干動きが鈍る。新は他人が呆れるくらいに朴直だから、それが傍目にもよくわかる。彼は間違いなく、ちはが弱点だ。この札を使えばきっと勝機は訪れる。一回戦の時のように勝ちを諦めるようなことはもうしない。太一はとうとう勝利への欲をさらけ出した。

しかし勝ちに執着するというのはエネルギーが必要である。その源泉となる太一の心の炎は新に比べてあまりにも小さい。周防さんが「真島君は執着すると勝てない」と言い切ったのは、この熱量の圧倒的な差によるものである。足りないなら他で補うしか方法がない。太一は情熱の札「ちは」にそれを求めた。

ここで思い出されるのが東日本予選での須藤との闘いであった。あの時にも太一は同じように自分にはない情熱の隙間をその札で埋めようとした。かろうじて札は彼を助けたが、それは幻のように儚く、あまりにも脆い。最後に手にしたその札は、熱に溶ける砂糖菓子のようにほろほろと崩れて指の隙間から零れ落ち、結局その姿を消してしまった。消えるカルタなんて結局自分にはなにも残らないじゃないか。あまりにも悲しすぎる。もう二度とそれを失うわけにはいかない。


師の教え



どんなときも おれの先生は原田先生だけ

そういえば太一は中学生時代、原田先生との練習試合でハンデを10枚から4枚に減らしてもらった時がある。あの時原田先生は何と言っていたか。太一の長所は「負けん気の強さ」と、それから「一枚の札にかける集中力」も強くなったとは言ってはいなかったか。師である原田先生の教えを信じて謙虚に守ればきっと勝てる。絶対に勝つ。余計なことは考えず、たった一枚のこの札だけに集中しろ…!

太一は心の中で札に向かって必死に叫び続ける。「来い、来い、来い…!」


taichi202.jpg


新の求める「愛情」としての力か。
太一の求める「情熱」としての力か。

苦しいときの 右下段

札が選んだのは…太一。まるで「ちは」だけがふわりと闇から浮かび上がるように、彼の声に応えた。最後まで攻める気持ちを忘れない彼の強さに祝福を与えた。とうとう彼は勝利札「ちは」を手にしたのである。

動揺する新の隙を狙い、更に太一は「ふくからに」も取ることに成功する。枚数は1-1。ここでとうとう新と太一の実力は肩を並べたことになる。


千早への思いから自己肯定へ



おれのあこがれはずっと あのときの千早の取りなんだ

執着しないカルタや守りカルタ、攻めがるた、仲間の力や「ちは」の情熱、師匠の教え、自分が持て得る武器をフルに使って戦い抜いた結果が目に見える形・数値となって現れることは、彼の気持ちを大きく前向きにさせる。太一がカルタを好きだ、楽しくありたいと思うためには、「努力したって無理」「俺なんかどうせだめだ」といったネガティブな気持ちを打ち消すことが必要であったが、目に見える成果が表れることで自己肯定という良い感情を促すことができた。

「千早のようなカルタが憧れ」と今まで素直に言えなかったのは、千早という鏡に映される自分の姿があまりにも卑屈で嫉妬心に塗れているように感じてしまい、それをまともに直視することができなかったためである。自分に似たような周防さんに鏡を重ねる方が余計に傷つくこともなく、安心で居心地がいい。しかし今までの努力が無駄ではなかったという達成感や満足感、充足感といったものは、彼に確かな自信を持たせ、自分の弱さを受け入れさせることができた。「ちはやふる」と「ふくからに」という二つの千早を表す札は彼の成長を大いに助けた。まさに千早は彼にとっても愛してやまないヒーローであった。

「運命戦を譲る」と言われたとき、太一は目を丸くして一瞬耳を疑った。売り言葉に買い言葉の冗談のようなこの賭けを、まさか新が本気にしてしまうとは思っていなかったのだろう。新は良くも悪くも本当に、呆れるくらいに潔癖で真面目すぎる。太一は結局この譲りを受けるが、この勝負の決着はきっと太一の望む形ではない。彼は自己評価の低さに反比例してプライドは高く、できることなら自分の力で勝ちたかったのではないだろうか。もしそうであればこの気持ちはきっと三回戦に持ち越されると思う。

けれども今回の戦いで手にした「ちは」という情熱は、太一の心からもう一生消えることはない。それは心の灯を燃やす燃料を絶えず彼に注ぎ続ける。彼の中にはこれからもずっと、「ちは」があり続ける。

202首はあえて二人の視点で感想を書きました。気持ちの切り替えに一週間かかり申し訳なかったのですが、それでも両者の立場から見た感想が必要だろうなと思ってなんとか書き上げました。これだけでなく、他にも様々に感じることができる回でした。原田先生や、詩暢ちゃんや、そして千早に関しても。それぞれの思いを丁寧に汲み取りながら、今回の話を読まれるといいのではないのかなと思っています。