ちはやふる中学生編14首---報われぬ努力

BE・LOVE 2018年17号掲載


中学三年の春、太一はカルタ同好会存続の危機に見舞われる。やることなすことすべてが上手くいかない太一は思い悩んでいた。


否定される努力



同好会には結局新入会員が入らず、太一・平井・藤原先生の三人だけで部活動定休日の木曜に細々とその活動を続けていた。サッカー体育コースの平井は木曜日も練習だが、一時間だけサッカーに顔を出し、その後カルタ同好会に時間を割いてくれている。規模は小さいながらも三人で楽しむカルタは決して悪いものではなく、それどころか太一の中学生活の唯一の息抜きのような場所になっていた。

ある日太一は藤原先生から、事情により同好会が二学期でなくなることを伝えられる。さらに平井がニューヨークへ引っ越すこと(と平井の彼女の存在ww)を知り激しく動揺する。

追い打ちをかけるように、家では未だに試験で一位になれないことを母の麗子から叱責された。麗子は重い空気の塊を肺の底から吐き出すと、苛立ちを隠せぬまま息子に痛烈な一言を浴びせる。

「もういいわ。一位を取れないなら取れる高校へ行きなさい」

不用意に放たれた軽率な発言は、鋭い氷の棘となって太一の脳天からつま先までを貫いた。自分の今までの努力を否定されたように感じた太一はそのまま立ち上がることができず、心に黒々とした靄を抱えながらベッドに蹲る。

麗子さん、ああーやっちゃいましたね~これはさすがにマズイでしょう…太一のように考えすぎてしまうタイプの子にこんなことを言うと、「どうせ一位なんか取れないんでしょ」「あなたには一位は無理」「できない子には呆れたわ」といった余計な裏読みをしてしまって逆に這い上がれなくなるものです。自己都合で子どもの進学先を決めつけるのも、子どもの自立心を損なってしまいます。


わたしは「幸せになる勇気(ダイアモンド社)」という本にある「教育の目標は子どもの自立であり、自立とは自己中心性からの脱却である」という考え方が結構好きです。麗子さんが息子の努力や頑張りを認め信じ尊敬し、偏見のない愛を自分のためではなく息子のために傾けてやれば、いずれ太一は他人の目を気にするような自分から解放され自立を果たし、周りの世界を見るようになるのではないかと思ってはいるのですが…抽象的で難しいですね。まあ言うは易し、ではあります。


表紙に描かれたカタバミの花言葉は「喜び」「輝く心」そして「母のやさしさ」。いつか麗子さんの愛が素直に太一のもとへ届くといいですね。


努力の空回り



同好会の対外試合が決まり再び意気揚々と燃えはじめた太一であったが、自分の努力を無理に平井に押し付けようとして藤原先生にやんわりと諫められる。

もう一生懸命やってくれています このままでは彼が潰れてしまいますよ


chihayaJHS14-2.JPG


太一には自分の努力を相手にも求めてしまう傾向がある。同好会の新入会員がすぐに辞めてしまったのは、太一がカルタの勝負の鍛え方を最初から叩き込もうとしたからであった。実はここでは描かれていないが、太一がキャプテンを務めるサッカー進学コースのチームにおいても同じことが起きている。チームの中には倦怠感が蔓延し、太一はサッカーへの魅力を失いつつあった。

努力しても報われない。努力をしすぎても報われない。努力すること自体が怖い…

自分の乗る車が迷路のような湿地帯に迷い込み、ぬかるみに嵌ったタイヤが延々と空回りを続けているように感じてくる。太一はどうするべきか解決策を見出すことができず、塾に向かう足もいつしか止まり、公園でうな垂れて深く沈み込んでしまった。

この経験があったからか、本編でも「相手に同じものを求めてはいけない」と合宿中に太一が千早に苦言を呈したことがありました。努力を相手に求めてしまうのはわたしにもあるあるで耳が痛い。自分で言うのもなんですが、わたしも結構真面目でいい子ちゃんなのです。いやあまいったな。こういう時って視野が狭くなってしまっているため、言われるまで気が付かないんですよね。そして自分ではいいことをしていると思い込んでいるだけに余計に質が悪くて、注意されると物凄く凹みます。太一の気持ちがよく分かります。


一体自分は何を支えにすればいいのか。頭に浮かぶのはすべてを懸けて一生懸命に戦うことに疑問を持たず、努力さえあれば何もかもが叶うと信じ、ただひたすらそれを純粋に楽しむことができていたチームちはやふるの思い出ばかりであった。

そんな太一の目の前に現れたのは、なんと千早。昔と変わらず百人一首の音声テープを聞きながら、ジョギングで太一の前を通り過ぎる。奇跡のようなこの出会いを無駄にしたくはないと、とっさに太一は千早に救いの手を求める。千早は、千早なら、あの時のままの情熱をきっと持っているはず。なんでもいいから俺に答えをくれ…!

さて千早は彼にどう応えるのか、乞う次々号。

先日キャラクター総選挙の読者プレゼントとして、図書カード500円分が当たりました(^o^)この一年の間、トッポの懸賞、サイン会、総選挙プレゼントとちはやふるとのご縁を色々いただいています。どうもありがとうございます。


chihayaJHS14.JPG

ところで平井君の彼女って驚きだったのですが、一体どんな子なんでしょうか。高校と違って、太一は中学生のころはモテなかったんですかね、どうなんでしょう?